フォトブック作りのコツ

まずは写真を分類しよう

フォトブックを作るときにはただ写真を並べるだけでなく、うまくレイアウトすることが大切です。美しくて魅力的であり、さらに見やすいフォトブックを造りたいと考えたら、まずは写真の分類をするのが重要になります。テーマごとに分類したり、時系列したりして、一定の考え方で写真を分類していきましょう。どの写真とどの写真が同じページに来るべきか、この写真とあの写真は前後にあった方が良いかもしれないといったことを考えながら分類していくと大まかなレイアウトが決まっていきます。全体的なストーリーも考えておき、分類された写真の前後関係を決めていくと良いでしょう。これでほとんどフォトブックを作るための準備が出来上がってしまいます。

素材を使って引き立てよう

分類して前後関係まで決まってしまったら、後は写真を並べていくだけでわかりやすいレイアウトのフォトブックができます。それをさらに美しくするためのコツは、写真以外をフル活用することです。フォトブックには自分で素材を追加することもできるので、イラストなどを盛り込んでそのページの写真をもり立てられるようにしていきましょう。このときに重要なのが、ただ素材をたくさん入れていくのではなく、余白も十分に取っておくことです。余白が大きいほど写真が際立って見えるようになるので、ごちゃごちゃしてしまわないように素材を入れるのが肝心となります。ページ間でリズムを作るのも効果的であり、静かな様子を見せたいときには素材を使わないのも良い方法です。

今はスマホでも簡単に綺麗な写真を撮ることができますよね。せっかく撮った写真、そのままにしていませんか?ここではたくさんの思い出の写真を一冊のフォトブックにまとめることができるサービスについてご紹介します。

フォトブックの作り方

フォトブックの使い方